ペットの為に

人間と同じように、犬にも発情期というものがあります。これは犬が子孫を残すためのもので自然なことです。
メス犬の場合は、大体生後八ヶ月を過ぎると発情期になります。これが最初の発情期ですが、大型犬の場合、小型犬とは異なり少し遅めの発情期になります。
発情期になると、犬の様子に変化が見られます。落ち着きがなく、そわそわしていることが多くあります。
また、神経質になり些細なことで吠えることもあります。ひどい場合は、犬が人間に危害を与える可能性もある為、避妊手術を早めに行うに越したことはありません。
避妊手術を行わなければ、発情期による欲求を解消できないため、犬にも多大なストレスが掛かります。犬も人同様にストレスが元となり多くの病気を発症させる可能性があるため、注意が必要なのです。
ある時は、飼い主に甘えたかと思えば、そっけなくなることもあります。このように人間とは違い犬特有の症状が見られます。
犬の発情期が長い期間続いてしまうと、体に不調をきたす場合があります。犬の病気でも深刻である、子宮がんなどを引き起こす原因となるのです。
これは、犬の発情期に対して、妊娠まで辿りつけないことで起こるホルモンバランスの乱れからきています。
避妊手術をしている犬に比べて、手術をしていない犬は病気になるリスクを数多く抱えているのです。
そのまま放っておくと、やがて犬の病状が悪化してしまうだけではなく、命の危険にさらされる可能性があります。そうならないためにも早急な対処が必要です。犬の避妊手術は、主に動物病院で行ないます。市の意向により、抽選で避妊手術が無料になるなどの取り組みがなされている地域もあります。飼っている犬の子どもがたくさん生まれると、自分で育てられないどころか子犬の貰い手が見つからないことも。ペットの健康の為にも、また、今後野良犬を増やさないためにも、避妊手術はとても大切なことなのです。

オススメリンク

注目の記事

    注目の記事

  • 補助金がある

    犬の避妊手術を行なう際に、結構な費用がかかる場合があります。しかし全国ではないものの、市町村によって手術費用の補助金が支給される地域もあります。これは抽選の場合もあるため、早めに志願するようにしましょう。

    READ MORE
  • 施術の内容を知る

    クリニックで行なう犬の避妊手術は、二通りの方法で除去を行います。この内容を知っておくことにより、安心して手術を行なうことができます。まずは、クリニックのサイトで情報収集を行なっていきましょう。

    READ MORE
  • 時期とは

    犬の避妊手術は、犬種やサイズによって行なう時期が異なります。一般的なのは、初めての発情期の前です。他にも知っておくべきことが様々あるので、基本情報などは押さえておいた方が良いでしょう。今後必要になった場合に役立ちます。

    READ MORE